石川の介護求人を徹底比較!

三角の画像

TOP > 介護の豆知識 > 介護士不足が続く理由は

介護士不足が続く理由は

 高齢化社会となった日本、老いた人のために働く人が必要な時代になりました。介護を必要とする人が多くなることから、ホームヘルパー、ケースワーカー、介護職員などと言われる人が仕事に従事することになります。
 そして介護福祉士と呼ばれる人も、この介護の仕事に従事します。介護福祉士になるためには、国家資格を取得する必要があります。誰もが簡単になれる職種では、ありません。


 この福祉士の仕事は、大きく分けて四つあると考えられます。その一番目には、身体介護です。
 自宅にいる人や施設に入っている人の、食事や排泄、入浴などの世話をすると共に、衛管理も大事な仕事で、洗顔や歯磨きと言った手伝いも致します。
 また歩行困難な人への歩行補助とか車椅子への移動などが身体介護の仕事になります。二つ目の仕事としては、生活の援助です。
 洗濯、部屋の掃除や整理整頓、日常で必要なものの買い物、そして食事の配膳から下膳などの家事全般に渡り、補助や援助を行なうものになります。
 三つ目が、相談や助言を行うものになります。ここでは、介護を受ける人だけでなく、家族の人を含め、生活の方法であるとか、介護の相談に乗り、提言、助言を行なう仕事です。
 そのことから、介護の仕事だけでなく、精神的な問題の解決にも協力することが出て来ます。専門的な知識に加え、精神的な問題への解決への相談に乗る場合も出て来ます。
 そして最後は生活活動支援になります。 頑固、孤独と言った環境になりがちなことから、周囲から孤立することも多くなります。対人関係などがキチンと築ける支援も担うことになります。


 この介護福祉士の人材難が、続いています。離職率が高いことで知られる職業で、就職後3年以内で約8割もの人が退職をすると言われています。
 労働環境が大変な割りに、給与や待遇の面が着いて来ないと言われ、常に人手が足りてないことから、その対策に追われていると言うの現状です。
 せっかくの国家資格を取得しながら、もらえる給与は、一般の事務職程度と言われます。そのことから、仕事としての対価が合わないことから、離職と言うことになってしまう人が多いのが、現実です。
  介護福祉士の人手不足が長引くことで、現場の指導や指揮にも悪い影響が出ていると言われます。
 この状態を早く改善することが、これからも続くであろう高齢者社会を乗り切る方法と言えるのでしょう。そのためには、労働改善、給与、収入の改善が早急に見込まれることになります。

カテゴリー